温泉とからあげと秋田クオリティと私


先に株式会社レオンディクト 株主総会を見てね!


さてさて!そんなこんなで二日目に突入!

9時にフィルアイス夫妻を宿泊ホテルまでいきますた。

今日はフルでオフなのでレオンさんもウキウキです!!

フィルアイス夫妻「おはようございまふ…」

お二人ともよく眠れたようです(*´∀`*)

そんでもってロキ邸へ

家の前にセンチュリーをつけると台所の窓からピョコッと顔を出すふぅさん。

首筋が一箇所だけ紅くなっていたのを見て見ぬフリしてお二人の準備を待ちますた。


さぁさぁ!!ここで本日の予定の発表ですよ~!


まず、関東組が秋田に着て行って見たい、食べたいモノ


◎冬の荒ぶる日本海が見てみたい!!

◎温泉に入ってゆっくりしたい!!

◎たいあんのからあげ山菜弁当が食べたい!!

◎ロキタソお手製の「パスタ」が食べたい!!(コレ重要)



その他、要望としては

◎車移動にあまり時間を取られたくない

◎時間があれば色々いってみたい




こんなトコロでつ。


日本海が見れて、温泉が入れて、からあげ山菜弁当が食べれて、移動時間が少ないトコロ…


秋田組はウンウン悩みました。


なるだけ要望に応えたいけど、なかなか観光ルートが思いつきません…

いっそ一度に全部賄える場所なんて…


ふ…そんなウマイ場所なんかね~

ないないn……





あったよ!!




その名は「岩城アイランドパーク」
b0093478_11221975.jpg


極寒の荒ぶる日本海を一望でき、施設内には温泉設備を搭載!!

そして「露天風呂」もあり、日本海を見ながら雪見風呂…ってのも(*´Д`)ハァハァ
b0093478_11232986.jpg


大広間なんてのもありまして、食事もでき「からあげ山菜弁当」を買って行ってみんなでモリモリ食べることも出来ちゃう!
b0093478_11234625.jpg


b0093478_11245133.jpg


気になる移動時間も秋田市内から海見ながらゆっくり車で走って一時間位かな?

今回のオフ会にはまさにドリームアイランドな訳です!!

んじゃ!早速行ってみよう!!

ってな訳で初めに本日のランチ!

たいあん弁当の「からあげ山菜弁当」を買いに行く事に!!

説明しよう!

「からあげ山菜弁当」とは、秋田住民なら知らない人はいない! と、ゆーほどメジャーな弁当屋「たいあん弁当」のメニューの一つである。

そんなことより写真みてくれよ写真
b0093478_11264472.jpg


このボリューム!!


やはりからあげ(山菜)弁当といえば

「いかにからあげでフタが浮いているかが勝負」
b0093478_11254287.jpg


これに尽きます。

え?ボリュームだけで味はそんなでもないんじゃない?だって?


否!!!


めちゃくちゃ美味い!!!

俺、いままで食べたからあげの中で1番美味いから!!もちろんママンのからあげよりも!

嘘だと思うなら秋田みて喰ってみろゴルァ!!

食べた後はなんか一仕事終えたような妙な達成感が得られますお!(笑)


写真の弁当はこれでも


並 盛 で す 


b0093478_11271487.jpg




通の人はからあげ山菜弁当を頼むのではなく、山菜弁当の大盛にからあげの「おかず」だけ注文。

これが玄人の食べ方。

素人にはオヌヌメできませぬ


極まった人はからあけ山菜弁当を二つ注文

これは迷いを捨て、一個目を勢いでかっこんで二個目を味わって食すという荒業

これも一個目を味わったら負け。

素人にはオススメできない

僕のピーク時にはペロッと平らげたものですが、最近ではからあげ山菜弁当の大盛単品を食すのがやっと…


ふ…年をとったものだぜ…

市内には何店舗かあるのですが、レオン先生オススメは東通り店。次に南通り店かな

からあげ山菜弁当の事を語れとなれば一時間位余裕で語ってしまうのでここらで(ry

お店に行く前に弁当を電話予約します。

これが玄人の買い方。ゼヒおすすめ!

お店で並んでいる人を尻目に予約分を手に意気揚々と引き上げる(株)レオンディクト

車の中がからあげのいい匂いで包み込まれ、よだれを垂らしつつ岩城アイランドパークへ!

天気は生憎の曇り模様。

晴れるでもなく雪振るでもなく中途半端な天気

空気嫁!!秋田!(笑)

途中日本海を眺めつつ約1時間程で到着。とりあえず弁当喰うべ!とすっかりからあげの匂いにやられた5人は温泉施設の岩城温泉「港ノ湯」へ
b0093478_1482568.jpg



受付をすませ、大広間に入るとなにやら貼り紙が…

「持ち込みお断り」

みんな「ちょwwwwwwwww」


なんと飲食の持ち込みお断りの文字が!(笑)

フィルさん「も、持ち込み駄目なんですって…」

ロキタソ「ふーん」

レオン「へー」

ロキタソ「さっ!弁当食べようか!」


たいあん弁当の袋を持って大広間へズンズン歩く秋田組

ふぅさん「って!エエッwwwww」

ふぅさん「も、持ち込んじゃっていいの?」


レオン「知らんがな(´・ω・`)」

ふぅさん「うはwwwwwwww」

大広間には風呂上がりのホカホカ爺と婆がイパーイ!!

そして「持ち込みお断り」の張り紙を嘲笑うかのようにごくごく当然であるかのようにお手製のおにぎりや、恐らく自宅から持ってきたであろうポットから注がれるお茶、色とりどりのお漬け物がテーブルの上に展開されています。

そして、特に注意を促す訳でもなく、この風景がさも「当然である」かのように横を通り過ぎて行く従業員の皆様


こ れ が

秋田クオリティ


エスカレーター乗るとき右側に寄らないのも

秋田クオリティ


毎年受験の時期に流れるCMソング「滑って転んで良い笑顔~♪」と受験生には酷なCMを流す秋田県立スケート場。空気が読めないのも


秋田クオリティ


「自殺率」「脳梗塞死亡率」「癌死亡率」の三冠を十数年ぶっちぎり首位キープしているのも


秋田クオリティ




(´・ω・`)…


ま~そんな感じで(どんな感じ?)テーブルについた五人は早速お弁当ターイム!!

もうね、レオンなんかこの時点でヨダレじゅるじゅるな訳ですよ!

ゴロゴロと転がっているからあげにソースをかけてイタダキマース!!


ふぅさん「ウホッ!良いからあげ!」

ロキタソ「食べないか」

ふぅさん「こんな…からあげが…好き」

ロキタソ「うれしい事言ってくれるじゃないの」

ロキタソ「ところで俺のからあげを見てくれ。こいつをどう思う?」

ふぅさん「すごく・・・・・大きいです・・・・」

ロキタソ「いいこと思い付いた。お前、俺の腹ん中にからあげ入れろ」

b0093478_12345624.jpg


と、そんなやりとりをしつつペロリと平らげる男共。

アイスさんは朝起きてからあまり食べれないヒトらしく半分位でギブアップ(残念)

ロキタソ「腹ん中がパンパンだぜ」

お腹が膨れてしばしマターリした所で温泉に!

キャッキャはしゃぎながらスッポンポンで露天風呂へGO!!

花らっきょうのようなレオンチソコと違い、ロキタソのまるでフルフル亜種のような渦々がしいソレにゴクリ…としながら4人で並んでマターリ…
b0093478_125884.jpg


しばし慌ただしい日々を忘れ、疲れを癒しましたとさ…


ロキタソ「うおっ!!!」

フィルさん「ん?どうしました??」

ロキタソ「リングが・・・」


ロキタソのうっかりはずし忘れたシルバーリングが温泉にやられて茶色に!

フィルさん「うおwwwwww」

レオン「テラブロンズwwwwwwwwww」

ふぅさん「これはこれでいい色じゃない」


ロキタソ「うう…」

ド、ドンマイ。

露天風呂を満喫した4人は大広間へ引き上げ、アイスさんが上がるのをまちました。

ロキタソは風呂上りのビール美味そうだったお!

やがてアイスさんもあがってきてしばしマターリ(どんだけよw)

席の近くにあったマッサージチェアでロキタソしばらく身もだえ。

ロキタソ「おお…お……お……お」
b0093478_12261456.jpg

身もだえの図

そんじゃ~Pでもやりますか!と、各々PSPを取り出しイベクエやったりして楽しい時を過ごしましたとさ~

日も暮れだして、帰る前に一度浜まで下りて波間までいこうZE!

ってなわけで行く途中で撮影した写真がコチラ
b0093478_12514197.jpg


撮影者のアイスさんGJ!

辺りもうっすら暗くなってきたので秋田市内に帰ることにしますた。

途中で秋田の特産物を取り扱う「秋田まるごと市場」に寄って関東組はお土産買ってましたお!
b0093478_2192695.jpg


さぁ!さぁ!!



ここから本日のメインイベント!!

「ロキタソお手製のパスタをみんなで貪ろう!!」


本日というか、今回のオフ会の本当の目的だったといいますか(笑)

ロキタソは某コミュニティーサイトで夕食用の創作パスタを写真つきで紹介してまして

それがめちゃめちゃ美味そうなんです!

それで今回のオフ会でみんなで食べたいねっ!て話してたんです。



~約二週間前、スカイプにて~



アイスさん「秋田行ったらロキさんの作ったパスタが食べた~い!」

ふぅさん「うんうん!食べたい食べたい!」

フィルさん「じゃあ決まりですね!」

ロキタソ「ええwwww無理無理www」

アイスさん「(´;ω;`)ウッ…」

ロキタソ「ほ、ほら僕のパスタはねぇ~人様にお出しできる程クオリティ高くないから…」


※実際はクオリティ高杉

アイスさん「美味いとかそんなんじゃなく…」

アイスさん「ロキさんの作るパスタが食べたいんですッッ!(ToT)ブワッ」

ロキタソ「う、うう~む…」


こんなやりとりがほぼ毎日のように交わされ、うやむやのまま当日を迎えた訳なのです!

アイスさん「さっ!ロキタソん家に戻ってパスタ食べよう♪」

強行突破を試みる関東組

ロキタソ「ちょwwwwwwまじなのかwwwww」

最後まで抵抗を試みるロキシェフ

ロキタソ「あ、アレだもの!鍋焦がしてしまって麺を茹でる事できないもの!」

話を聞くとトマトソースを作っている時に鍋を焦がしたみたい。

ロキタソ「だからやっぱり無理なんだよ~ごめ~んね~ニヤニヤ」



ふぅさん「よし」

フィルさん「鍋買いに行くか」


ロキタソ「ちょwwwwwwwええwwwww」

ちょうど隣がホームセンターだったので鍋を買いに行きますた(笑)


丁度良い大きさの鍋があり、それにケテーイ!!

ふぅさん「じゃあコレをロキさんにプレゼントしますね」

ロキタソ「いやいや!自分で買いますから!」

フィルさん「いやいやいや!そういう訳にわぁ!」

ロキタソ「いやいやいやいや!」

ふぅさん「いやいやいやここは僕が!」

フィルさん「いやいやいやいや僕が!」

ロキタソ「いやいやいやいやいや(ry」


幾千年も繰り返されてきた日本の「古き良き文化」を閑散としたホームセンターで鍋を取り合う声だけが響き渡ります(笑)

結局ロキタソが自分で買ってますた。

後はロキ邸の近所のスーパーへ行って食材を買いました


さあ!さあさあ!

いよいよ楽しいディナータイムの始まりです!


「絶品!!ロキパスタ!」につづく。
[PR]

  by fujibass | 2007-12-24 11:11 | オフ会

<< 株式会社レオンディクト 株主総会 絶品!ロキパスタ! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE