5月19日VSクエストチャンピオントーナメント秋田大会レポート!

b0093478_13141770.jpg


ギウにゃんペロペロ!俺ぁあんたについて行くぜ!ペロペロ!!レオンですペロペロ!!

前回の記事の予告通りに行ってきましたよお!

VSクエストチャンピオントーナメント


秋田大会!


同じく当選したくいなと2人で参加してきまんた。田舎者にとっては一大イベント!否が応でも漲ってしまうってもんです!

会場は大仙市にあるアミューズメントカフェ アレーズ。
b0093478_11163174.jpg


レオンが住んでるところから車でゆっくり一時間位のトコロかな?入店受付は11時からだったのでそれに間に合わせるようにお店に到着。

既にかなりの方々並んでまして、レオンとくいなは38、39番手でございました。あ、ちなみに店内は写真撮影及び録音は一切禁止なので大会の様子や運営プロモーションなどは一切画像ないのであしからず。

店内に入ると主催のテクノブラッドさんのスタッフによる丁寧な案内により会場へ誘導。会場はプレイエリアと観戦エリアに別れており、観戦エリアの目の前には巨大なプロジェクタが。フォワード4のPVを延々流していまんた。

プレイエリアはパソコンが大体20台くらいあったのかな?観戦エリアは等間隔でテーブルが並べられており、スタッフの案内で指定されたイスに座って待機、みたいな。レオン達は丁度中間あたりかな?可もなく不可もなく。

大会開始の12時まではそれぞれ飲み放題のソフトドリンク飲んだり、大会参加する方は受付したりといった感じ。12時になり、主催のテクノブラッド社長兼総合司会のナントカさんの挨拶から。

ナントカさん「元気ですかーー!!」

参加者「……お、おお~…」(ヒソヒソ)

ナントカさん「皆さん元気があって大変よろしいですね!!」




と、言った感じで大会始まりました。

まずは予選から始まり、アシスタントのお姉さんに呼ばれたチームはプレイエリアへ。あ、このアシスタントのお姉さんな、すげえ美人さんだった!休憩時間にドリンク取りに行こうとしたとき目があったからパチン☆とウインクしたらソッコー目逸らされた。ま、まぁ嘘だけどねッ!

予選はイャンクック亜種の特異個体。あのケツアゴちゃんですね、
b0093478_1130848.png


武具は全て貸与。ベルSP一式にスキルが色々ついてた。2人PTでのタイムを競うルール、上位4チームが決勝へと進む事が出来ます。

結果的に上位のタイムを叩き出したのが双剣×ハンマー、双剣×双剣、大剣×大剣等の近接組が駒を進めた感じ。

予選が終わった後は皆さんお待ちかね!そう!我らがギウにゃんの登場!!俺は!この時間を一番楽しみに!ギウにゃんに逢いにきたのみょおおお!!


今か今かとドキドキしながら待ち望んでいると…

奥のドアより、かの憧人は颯爽と僕らの前にあらわれたんだ。

天使の羽のような真っ白い、ハンチングキャップ。

色鮮やかなピンクのカンタベリーオブニュージーランドのポロシャツに身を包んだ…ってアレ?どっかでみたな…
b0093478_11374122.jpg


ええ、全く同じコーディネートでしたwwwwww

まぁそりゃあ服買ったら何回も着ますわな。衣装じゃなくて私物だったのね。とにかく黒一色のパーカーのスタッフの中にただ一人、ピンクポロシャツはなかなか神々しく、オーラ出まくりでしたよ。

ギウにゃん「どうもーカプコンの杉浦ですー」

ギウにゃん「あのー2チャンには(今日の内容)書かないでくださいね」

参加者(笑)

みたいなフランクなノリで始まった運営プロモーション。F4直前という事もあり、なかなか面白い話を聞くことができましたよ!流石にF4の内容はここに書くことは出来ないのでどーしても知りたい!って方はまとめサイトへどうぞ。

F4の内容以外でなかなか興味深い話も聞けましたお。運営関係者しか知り得ない統計データ等ね!例えば秋田県の人口の何パーセントがMHFユーザーか?とか、何時の時間帯が一番接続数が多いとか。

ギウにゃん「私も青森出身なので分かるのですが田舎の傾向としては夜遊びに行くところや飲みに行くところが少ないので夜の接続数が都会に比べ多い」

との事。だよなぁ…遊びに行くところねえもん…田舎は都会より車ありきな所あるからな。仕事で疲れて帰ってきて家でビール飲めばもう車運転出来ないし家から出たくねえもん(笑)

ギウにゃん「運営、開発共にお客様に喜ばれるよう一生懸命頑張っている。そのために改良が改悪になってしまう場合もある。ただそれはより良い環境にするためにチャレンジした結果である。

改悪になったらいくらでもやり直しは効く!チャレンジしないのは駄目だ!と私は常にスタッフの皆に話している、悪いのは全部杉浦のせい。もし不具合があった場合はチャレンジした結果なんだなと、その失敗から得られる今後の光もあるので皆さん暖かい目で云々」
って言うてた。

開発にしろデバックにしろ時間と人がたりないんだって。しょーがないよな、どこの会社も同じだな…世知辛い世の中だぜ…あとは

ギウにゃん「企業ですから、儲けは必要です!!」キリンッ☆

過去に剛種武器のバラまきと言われましたが云々バランスが云々→お金は無限か有限かといったら有限です。なんでも無料にするとバランスが云々、課金というクッションを入れる事でバランスを(ry

う、うーん。でも俺…彼のためなら喜んでこの身(課金)を捧げるぜ…///

あとは社員はなんのゲームやってんの?ってよくある質問らしくてお答えしますと。で、社員さんは基本的には皆MHFやっているんだって。中には金曜日の夜から朝までネカフェという社員もいる。

社員にはプレイしていて気がついた事、感じた事などをレポート出してもらってるって。大型MMOやMOオンラインゲームがサービス開始の際はオープンβからプレイしているとの事。

ギウにゃん「βの時って一番不具合が多いんです。その不具合をどうそこの運営が修正していくか等勉強させてもらっている。まぁ…大体はアップデートの不具合をニヤニヤしながら見ているんですけどね(笑)」

ってニヤニヤしながら言うてた(笑)やっぱ気になってんだね。過去にTE○A潰しでネカフェ無双した事あるしなぁ〜

あ、オンラインゲームで思い出したけどMHFをプレイされている性別比率は男8:2女だったっけな?なんかそんな感じ。

んで、男キャラと女キャラの比率は、詳しい数字は忘れたけど大体半々。男55%女45%位で若干男キャラが多いんだそうです。

これはオンラインゲームとしては驚異的な数値らしく、他社のオンラインゲームではリアル性別が男9割。キャラ比率が女キャラ9:1男キャラで圧倒的に女キャラが多い。そのうち7割がロリキャラという話(笑)

日本はどうなってしまうのだろうか…(笑)

ギウにゃん「オンラインゲーム業界ではそういった現状ではあるが、MHFは男キャラ多いほうではある。男キャラの造形並びに装備には色々苦情?も多いが、モンスターと戦うからには筋肉が必要です!男キャラ使ってほしいからって優男にするつもりはありません!(キリッ」

b0093478_126959.jpg


そしてこのデザインである(´;ω;`)ウッ…

受注ランキングに関してはF3では剛ナナがダントツ!意外だわ〜。この間の証イッパイもらえるクエのせいかしらね?280万回位だって。

ギウにゃん「280万匹ナナ様がお亡くなりなった可能性があります(笑)」

逆に全く受注されていないクエストもあるとの事。そういうクエストは見直し、もしくは無く方向。

あとは社内においてどのゲームが重要とか無いです(イクシオンサーガとか)ただ、MHFメンバーが他のゲームにかり出されることはないです!!(←大事な事なので二回言ってました)

廃人については

ギウにゃん「コアユーザーは全体の四割くらい」

すげええええええ!!!!四割も廃人かよおおおwwwwwwこれにはギウにゃんも苦笑い(笑)1個人の平均所持キャラ数は1.3人。最高キャラ数はなんと81人。1鯖に1人特殊な方がいるので…だってさ…すげえわ…ゴクリ

個人的にすげえ!この人神!と思ったのが

ギウにゃん「アップデート当日から有給とるやつは素人 プロは不具合の事を考えて翌日から」


すげええwwww濡れるwwwww不具合ありきでしゃべんなしwwwwww

というわけでギウトークはこんな感じでした。ちょびっと盛った感もありますが98%くらい真実です(笑)

楽しかったギウトークも終わってしまい、VSクエストの決勝戦の時間。
b0093478_12111645.jpg


なかなか白熱したバトル展開になり、最後は劇的でした!驚きなのは準優勝のチーム。当日結成した即席チームな上、お一人はVSクエストそのものも今回が初めてという。元々腕が良かったのでしょうなぁ!記念写真でギウにゃんに肩くんでもらっている!キイィ悔しい!!!

大会終了後はF4体験会に変わり、帰宅組と体験組に。レオンとくいなはモチロン体験組!クアルセプスと戦うんだぜ!!具体的にはやっぱり書けないのですがなかなかに熱いモンスターじゃった!ぶっちゃけ楽しい!アグ○コトルに似ているけどオリジナル攻撃が盛りだくさん!

ううー!!話したいけどギウにゃんと俺との約束だ!23日アップデートを待つんだ!!





あ、背中の肉質は硬そうに見えて柔らかかった。テヘペロ☆

体験会も終わり、帰宅される方もチラホラ見られました。我々の残すミッションはそう!!

「ギウにゃんと直接お話しようぜ!」

現在のギウにゃんは店出口にてユーザーとの交流中。もうね、くいなと2人でソワソワドキドキしてんの!なんか杉浦大先生を目の前にして2人して冷静でいられないのよ!なんかハアハアしてんの(笑)

ちょうどユーザーが居なくなりギウにゃんの周りがスタッフ以外オールクリア!!いざ!!凸!!!!!

レオン「あ…あ…さ、サインヨロシイデスカ!」

もうガッチガチよ(笑)まさに文章のような棒読み。ファーストコンタクトはもっと気の利いた事でも話せれば良かったんだろうが無理無理!!

でもそこはギウにゃん。まるで菩薩様のような眼差しで「はい よろしいですよ(ニッコリ」

そんでレオンはサイン貰うために東京ゲームショウでもろたオープンβ記念PSPケースを持っていったのね?マジで震える手でケース渡した訳。そしたら

ギウにゃん「お!これは東京ゲームショウの景品だね?2006年だったね」

スタッフ「へーそうなんですか」


ま、まじかよ…俺、何年前とかすっかり忘れていたのにギウにゃんはちゃんと覚えていた。

レオン「は、はい!抽選で当たりました!」

ギウにゃん「これからもMHFよろしくお願いしますね!」


そして熱い握手ガッシリ。ああ…やべ、この人良い人だわ…

手がオナゴの柔肌のように柔らかくてすんげえ暖かいの。手が暖かい人に悪いヤツはいない!jk!僕が用意したペンの蓋がなかなか開かなくてテンパッていた時もご自分で用意していたホワイトマーカーでサラサラ~っと。

マ ジ 感 動 。

レオン「あ、あのぉ!カサンドラってハンマーがあるのですが…」

ギウにゃん「うんうんはい(頷きながらニッコリ」

レオン「そろそろ強化をお願いしたくて…せめて白ゲージを…」

ギウにゃん「はい!わかりました!」


嗚呼…やっぱりこの人がMHFを背負っているんだな。一個人としても本当にMHFが好きなんだなって思ったよ。MHFの武器って何百種類もあるのに、名前言っただけですぐハンマーって見当ついたように見えた。文章では伝わりにくいとは思うがそんな感じ。

俺さ、もうギウにゃんが嘘でも「検討します」じゃなく「わかりました」って言ってくれただけで嬉しいわ。強化こなくても満足だわ。くいなも下敷きとパーマンさんからもろたプーギー貯金箱にサイン貰ってた。おしめの上ですか?下ですか?って聞かれていた(笑)
b0093478_1226254.jpg


くいな「ガルルガをもうちょっと盛り上げてください」

レオン ギウにゃん スタッフ「え?」

くいな「ガルルガ好きなんですよお!」

ギウにゃん「あ、ああ、ええ!はい!」

みたいなやり取り。ギウにゃん何故か苦笑い。俺、くいながガルルガそんなに好きだったとは初耳なんだが(笑)

最後に写真をパチリ。
b0093478_12343576.jpg

なにか調印式のような感じ。ギウにゃんのちょっと照れているような表情がたまらない!スタッフにお願いしてレオンも一緒にパチリ。
b0093478_12523760.jpg


最後にまた握手してお別れ。寂しい…最後に受付で参加特典と体験会参加特典をいただき帰宅。帰宅する為また出入口を通ると他のユーザーさんに不具合の件を突っ込まれていたのか、5〜6人に囲まれしきりに謝罪しているギウにゃんを見てなんだか寂しい気持ちになった…プロデューサーさんって大変なんだなぁ…背負うってこういう事なんだなぁ…と。

え?ミヤシタさん?来なかったお…残念ですわ〜!んまぁいつか会えるでしょう!いつか!そして事故なく無事に帰宅。本日の戦利品を紹介!
b0093478_1256189.jpg


なんといってもコレ!直筆ギウにゃんサイン!!

b0093478_12572476.jpg


いや〜これはもう家宝モノだねえ。当時はまさか6年後に運営プロデューサーさんからサイン書いてもらうとは夢にも思わなかったもんなぁ(笑)

そしてNP1000ポインツ!!
b0093478_12594197.jpg


これは地味に嬉しいスな。有意義に使わせてもらいまーす!アザース!

VSトーナメントのパンフ。記念に保管しときますね!
b0093478_1334583.jpg


それから大会参加特典としてカシラの差し入れイベントコードとレア素材獲得コード「HR100」の2種類。
b0093478_13102625.jpg

レア獲得コードはHRに応じて何種類かあり、レオンはHR100をチョイス。素材はランダムみたいでドラの鉛玉とネオジム×6と200万ゼニーとあとなんか忘れた。

といった感じで報告は終わり!また機会があったらこのようなイベントに参加したいわ。今度東京で大掛かりなオフイベントやるって言ってたから予定があえば参加したいですねー!ではまた!F4で会いましょう〜!
[PR]

  by fujibass | 2012-05-21 11:13 | オフ会

<< 秘伝はじめました MHF復帰と今後の楽しみ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE